簡単に言うと水虫です

インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)という病名で、真菌の一種である 皮膚糸状菌(白癬菌)が股部や陰嚢、お尻等の場所にうつり、しだいに増殖する感染症で、簡単に言うと水虫です。

重要なエネルギーとして瞬時に機能する糖質、新陳代謝に不可欠な蛋白質等、デタラメなダイエットでは、この2つのような生命を維持するために必須の要素までもを減らしてしまっていると断言できます。

エンテロトキシンを産生するブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)は、真正細菌であるグラム陽性球菌であり、毒の非常に強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と、毒素が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に分けられるのです。

アルコールを分解するという効能を持つナイアシンは、宿酔に効きます。悪酔いや二日酔いの誘引物質だといわれるアセトアルデヒドという毒性を有す物質の無毒化にも作用します。

平成17年以後、新規に特定保健用食品(通称:トクホ)の入れものには、「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」のコピーの表記が各メーカーに義務付けられました。

動脈硬化を抑えるカギ

塩分と脂肪の摂取過多を控えた上で、手軽なスポーツや軽い運動に精を出し、ストレスを蓄積しすぎない生活を意識することが狭心症を引き起こしてしまう動脈硬化を抑えるカギなのです。

旧ソ連で起こったチェルノブイリ原子力発電所事故に関する被害者の現地調査をみると、成人に比べて未成年のほうが風に流されてきた放射能の悪影響を受容しやすくなっていることが分かります。

内臓脂肪タイプの肥満の上で、「脂質過多」、「高血圧」、「血糖」の内より、2個か3個すべてにチェックが入る場合を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼びます。

赤ワインに多く含まれるポリフェノールのすばらしい特徴は、ビタミンEやビタミンC等とは違いがあり、細胞間の脂溶性部分、水溶性部分、並びに細胞膜においても酸化のスピードを遅くする力を発揮するのです。

演奏会が開催される場所やいわゆるディスコ等でお目にかかる大型スピーカーの隣で、大きな音を浴び続けたせいで難聴になる症状を「急性音響性障害」と言います。

今時のオペ室

今時のオペ室には、御手洗や専用の器械室、手術準備室を備え、手術の執刀中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を設置するか、もしくは側にX線装置のための専門部屋を併設しておくのが常識です。

何かが聞こえるように感じる耳鳴りには、当の人物だけに感じられるという「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように当事者以外にも、高品質なマイクなどを耳に差し込むとその音が届くという「他覚的耳鳴り」があります。

卵巣という臓器に発生する卵巣癌は、正常なら人間の体をガンを抑止する機能を果たす物質を製造するための型のような、遺伝子の不具合が原因で罹患してしまうということが分かっています。

真正細菌の結核菌は、保菌者がゴホゴホと「せき」をすることで空気中に飛び散り、周りでふわふわ浮かんでいるところを今度は違う人が呼吸しながら口に取り込むことによって次々に感染します。

バランスの取れた食事や体を動かすことは無論、身体の健康やビューティーアップを目的とし、特に摂りたい栄養を補うために多様なサプリを飲む行為がごく当たり前なことになっています。